TeXで数式の上下の空白を変更する

| コメント(0) | トラックバック(0)
TeXで数式を書くとき、上下の行間をもう少し詰めたいと思うときがあると思います。そんなときは、次のように設定することで行間を変更することができます。

\documentclass{jarticle}
\usepackage{amsmath}

\begin{document}

\setlength{\abovedisplayskip}{2pt} % 上部のマージン
\setlength{\belowdisplayskip}{2pt} % 下部のマージン

\end{document}

【参考文献】
[web] 数式の上下の空白 - IMAKOV's WORLD

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://trialpc.net/mt6/mt-tb.cgi/1607

コメントする

この記事について

このページは、tetsuが2008年2月29日 15:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「TeXの表を小さくする」です。

次の記事は「Java1.6update5へのアップグレードでkabu.comのFXが表示されなくなる不具合について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。